プロフィール
氏名 黒川 明
事務所名 黒川税理士事務所
所在地 東京都多摩市落合1-15-2
多摩センタートーセイビル3階
URL http://www.kurotax.jp
得意業務 相続事業承継
法人業務
経営指導
対応地域 東京・神奈川・千葉
事務所の特徴
黒川税理士事務所自身が成長企業だからこそクライアントの成長を支える事ができます。
「成長に伴って次々と出現する課題」それは、成長できている企業の経営者だけが味わえる楽しみでもあり、悩みでもあります。
そのような成長企業の社長に必要なのは、同じ成長企業の目線で話を聞いてくれる身近な専門家ではないでしょうか。
黒川税理士事務所は、「自分たち自身が成長しているからこそ、成長していくクライアントを支えられる」という信念のもと、税理士事務所としては、国内でもトップクラスのスピードで成長して参りました。
「中小企業の経営者にとって、最も身近な専門家でありたい」
という信念は、クライアント企業の経営者様とともに、自分たちもいつまでも隣を歩くよきパートナーであり続ける“覚悟”でもあります。

〜とことん親身な税理士に〜
中小企業に、最も身近な専門家は「税理士」であると考えております。 だからこそ、『とことん親身にお客様にサービスをしたい』 その想いで、平成20年の1月に開業したのが黒川税理士事務所です。もともと、私が税理士を目指したのは、親の事業の倒産という出来事に出会った時でした。「知らないこと、相談相手がいないことで、会社が倒産するということを1件でも無くしたい。」そのために、お客様がなんでも率直に相談しやすい相談相手としての税理士業を心がけています。
最近では、生まれてくる子供の名前をご相談いただいたお客様もいらっしゃいました。私達にとって、これほど嬉しい事はありません。
経 歴
はじめまして。黒川税理士事務所の黒川と申します。 私は「税理士はトコトンお客様の親身になってナンボ」と思っています。少しだけ私の生い立ちの話をしますと、私の実家は曾祖父の代から続く自営業で、私が四代目になる予定でした。しかし、三代目であった父の代で経営が厳しくなり、倒産してしまったのです。その頃は東京に出てきてすぐで、大学一年生になるタイミングでしたが、全てを自分で稼ぎ、まかなうために勤労学生になりました。
そんな厳しい状況の中、「税理士」という資格を知ります。専門家として中小企業の社長さんや、相続・贈与問題でお困りの方々を身近に支援するという印象を受け、他の士業「弁護士、司法書士、弁理士」などよりもすごく身近に感じ、私の中に熱い想いがこみ上げてきました。  そこで、「税理士になる」と心に決め、18歳の時から走り続け、努力の結果、税理士試験の中でも最難関と言われる法人税、所得税、相続税に合格し、税理士資格を取りました。
税理士事務所を開業してからは、必死に営業をし、初めてお客様からご契約をいただいた時の嬉しさは今も忘れません。開業から1年後には、初めてスタッフを採用。当時は給与も安く残業代もつけられない状況でしたが、しっかりと手伝ってくれて事務所はどんどん大きくなりました。  その後もさらにまた素晴らしいスタッフが増え、どんどん発展し、平成24年には地域最大規模となりました。平成25年にはお客様件数が500社になりました。今後は税理士法人化、お客様件数1,000社、日本全国に支店展開、社労士部門や司法書士部門などの部門展開も行う予定です。
『自分たち自身が成長企業としての税理士事務所であるからこそ、お客様の成長をサポートできる』それが私の信念です。
趣 味
趣味はたくさんあります。
昔から好きなのは漫画です。「魁!!男塾」と「ジョジョの奇妙な冒険」が好きです。「魁!!男塾」は全巻を通しで30回以上は読んでいます。最近ではバキシリーズも好きです。
あと、お酒も好きです。ビールはサッポロ派でけっこう飲めます。ここ数年、日本酒も好きになり地元多摩の日本酒が豊富な酒屋さんや楽天で購入し楽しんでいます。
スポーツは、小中で野球、高校でラグビー、大学でハンドボールをやってきましたが、最近ではパワーリフティングという競技にハマっています。この競技は練習時間が短くても工夫次第で結果が出ますし、中高年になっても記録は伸びます。全日本大会に出場することが今の目標です。
事務所概要
代表 黒川 明
事務所名 黒川税理士事務所
所在地 東京都多摩市落合1-15-2
多摩センタートーセイビル3階
得意業務 相続事業承継
法人業務
経営指導
対応地域 東京・神奈川・千葉